ダニの種類と健康被害

ギュギュレギンスのクチコミについて人間の生命と密接に関係しているダニは数万種あると言われており、ダニから発生する病気もたくさんあります。家庭に生息する主なダニは、ハウスダストダニ、ツメダニ科、ダニダニ、ハウスダニ、フェイスダニです。その中でも、一般的なハウスダストダニは、寝具やカーペットなど、ほこりがたまる場所に生息し、時々出現します。ハウスダストダニは、糞便や死骸の堆積物を介してアレルギーを引き起こす可能性があり、厄介な気管支喘息やアレルギー性鼻炎を引き起こします。ツメダニ科は比較的少数の屋内ダニですが、ツメダニ科に噛まれてもあまり気づきませんが、1、2日後には赤く腫れ、かゆみを伴います。ダニは畳などのさまざまな食品にも含まれています。ダニは人間に特に害を及ぼすことはありませんが、白い粉のように見え、壁や畳のように動き、ぞっとするように見えます。マウスに寄生する吸血性ダニはハウスダストダニであり、マウスが死んで他に吸う人がいない場合、人間の血液も吸血します。チリダニが噛むと、その部分はすぐにかゆみ、赤み、かゆみを伴い、跡が残ります。顔面ダニは、成虫の約98%に寄生し、皮脂腺や毛根に寄生するダニです。これらのダニは、人間の皮脂腺が顔に特別に発達しているため、主に人間の顔に寄生するため、顔ダニと呼ばれます。数が増えなくても問題ありませんが、洗顔を飛ばして繁殖させると肌トラブルの原因になります。